出産一週間前に炊いた玄米ごはん(2)

微弱陣痛は陰性が続いている状態で

赤ちゃんがなかなか降りてこれない状態と仮定して。。。



自分の体も若干陰性なのに、冬の寒さの陰性も加わっているから


早速!行動開始です!!


ストーブ(壊れかけの灯油ストーブ)を押し入れからだして

ストーブで部屋中を温めて(それまではパネルヒーターだったのですが

若干寒かった?!?!)

環境を整える。

そして、食事!

梅醤番茶を強めに入れて飲む(毎日)

陽性よりのメニューで体を整える。

オーソドックスにきんぴら作りました!

お味噌汁に玄米よもぎ餅を入れて、

陽性の豆味噌で煮込む。

そして、

玄米ごはん!!

いつもどおりに炊いたつもりが

びっしりとおこげつきでした。

マクロビオティックをしていると

玄米ごはんは不思議と

炊いた人の体調に合った炊き方のご飯が

炊けてくる時があります。

例えば冷えている人で陽性が必要な人には

陽性よりのびっしりおこげがついた玄米ごはんが炊けるのです。

この玄米ご飯を見て

陽性が必要だったんだなぁーと実感!!!!!




陽性をプラスするために

旦那さんと一緒に山のふもとの公園で

お散歩へ行きました。

必死の陣痛おこし作戦(予定日10日、クリスマスまで延びたら、、と不安で)

で山道の階段をかけあがってみたり。

臨月の妊婦がやる行動ではありません(笑)


そのおかげで散歩の次の日、無事予定日の四日遅れで陣痛到来!!!

待ちに待ったけど、陣痛はやっぱり痛いよ。。

そんな陣痛到来秘話でした。











コメント

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

人気の投稿