2015年2月16日月曜日

甘いものを食べたとき


みてくださってありがとうございます。


白砂糖からてんさい糖に、米飴に、メープルシロップにと

マクロビを初めて、調味料を変えてきました。

白砂糖は赤血球を破壊するだけでなく、胃腸の働きを低下させます。

代謝の段階でビタミン、ミネラル(骨からカルシウム)を奪うだけでなく

腸内の善玉菌を死なせることで、あらたに微量要素を合成する能力を奪ってしまいます。



でも巷には白砂糖たっぷりのお菓子ばかり。。

そんなときに、たまにいただく白砂糖たっぷりのお菓子に感謝しつつ、

食べた後は梅干しを食べて調整しています。

梅干しの有機酸は新陳代謝を活発にして乳酸を燃焼させ、体内に老廃物を残さないし、

カルシウムの吸収をよくしたり、血液の酸化を中和する働きがあります。

甘いものを食べ過ぎて、具合が悪いときには

梅干しはいかがですか?

もちろん、添加物が入っていない、梅と塩や紫蘇だけで作られたものを

選んでくださいね!



0 件のコメント:

コメントを投稿